作業員

安全性を高める

工場

クレーンがあるような工場では、必ず点検を行なうようにしなければなりません。休止しているならまだしも、常に動いているようなクレーンは安全を保たれなければいけないからです。クレーンに不具合が生じているまま重い荷物を運ぶことになれば荷物が落下してしまう原因を作ってしまいますし、そうなると作業している現場の人々の安全も脅かされることになってしまいます。クレーンの点検には定期的に行なわれる自主点検もありますし、毎日の保守点検もあります。毎日の保守点検と自主点検は検査の箇所も基準も違ってくるので、それをしっかりと把握して大事な箇所が壊れていないかを調べることができるようになっています。点検の基準はあらかじめクレーンの専門業者から聞くこともできますし、クレーン取り扱いの資格を持っていれば基本操作の手順として習うことでもあります。

クレーンの点検作業を行なう際には、しっかりと整備士の安全を確認してから行なうことが大事です。まず異音がすればすぐに作業を中止し、点検を行なうようにすることを徹底するべきです。そして、点検手順としてはクレーンの周囲から人払いをすることです。そして必ず開閉器や走行トロリ線の電源をオフにします。服装は通常工場で作業をしているよりも更に気をつけ、ヘルメットや保護メガネを装着することになります。ヘルメットを装着する際は簡単に離れないように顎紐をしっかり締めます。クレーン点検は高い場所に登ることもあるので、安全ロープは必ず着けることが義務付けられています。