作業員

流れる量を測る

女性

水やガスなどの流れる量を検出する機械のことを流量計と呼ばれており、多くの一般家庭でメーターとして使用されています。そのため国民の生活において目にする機会が多い流量計となりますが、このように認識されるようになった歴史について調べていきます。 流量計の歴史については紀元前までさかのぼる形となり、ナイル河で水位計として使用されたのが原点とされています。その後古代ローマで1日の水道使用量を観測するために使用されており、この後本格的に使われる技術となっていきます。そしてイギリスなどのヨーロッパでガス料金などを計るのに使用されるようになり、それが後になって日本にも伝えられたとされています。これが流量計の歴史についての解説であり、発祥の地は日本ではなくナイル河や古代ローマとされているのが特徴です。

今現在水道局やガス会社の仕事として、流量計の数値を調べる業務というものがあります。これは正常に水道やガスが使用されているか確認する目的があり、検査することで故障などがないかを点検しています。またこれらの数値によってガス会社などに請求される光熱費が関係しているため、流量計が無くなることはこれからもないと考えられます。そのため今後も多くの建物で流量計が使用されていく流れとなっており、需要については減少することはないと予測出来ます。今後はもっと精密に計測することが出来る様な流量計が登場するはずなのでさらに便利に計れる様になるでしょう。